WSCとは
WSC=「CRAワークサポートセンター」は、
NPO法人クリエイター育成協会が運営する就労移行支援事業所」です。
平成27年度より、健常者だけでなく障害のある方にも勉強する機会をと、就労支援事業を開始しました。
「CRAワークサポートセンター」では、
「グラフィックデザイン」、「Webデザイン」、Webサイト制作の為の「プログラム」などに
特化した訓練を行っています。
お一人お一人の、レベルや状態に合わせてマンツーマンで指導すること、
実務を経験していただく事をモットーとし、
「実践でも役立つ技術=手に職を付ける事」を目的とし、学んで頂いています。


CRAワークサポートセンター紹介動画


WSC(CRAワークサポートセンター)は、クリエイター育成協会が運営する就労移行支援施設です。

CRAワークサポートセンターでは、Jimdoを使ったセミナーを始め、外部の方も参加できるイベントを開催しております。

当センターをご利用になられている、

ご利用者様の声を是非ご覧ください。


【1月障害者雇用セミナー開催】

<中小企業向け>まずはこれだけ押さえよう!障害者雇用はじめの一歩

民間企業は、障がい者を一定の割合で雇用する義務があるのをご存知でしょうか?
2018年4月1日から新たな障害者雇用促進法が施行され、
今回の改正によって、雇用義務の対象に精神障害者の方が加わりました。
さらに、対象となる従業員規模がこれまでの50人以上から、45.5人以上へと変更されるなど法改正が進んでいます。

会社の規模に応じて、障害者雇用状況報告書の提出が必要であり、
雇用数が規定に満たない場合は調整金を納付しなければならないなどの規定があります。
従業員が45.5人以下の企業に対しては書類の提出や納付の義務は今のところありませんが
今後その範囲はさらに拡大していくと予想されますし、
報奨金の対象になる可能性があるなどのメリットもあります。

障害者雇用について、そもそもの仕組みがいまいちよくわからない、
自分の会社にも雇用の義務があるの?
障害者を受け入れるとどんなメリットやデメリットがあるの?

今回はそういった疑問や悩みに答えるため、企業として
まずはこれだけ知っておきたいポイントを解説します。

<セミナー内容>
「まずはこれだけ押さえよう!障害者雇用はじめの一歩」
・障害者雇用が義務付けられているって本当?
・障害者を受け入れる企業側のメリット
・就労移行支援CRAワークサポートセンターの取り組み紹介

<講師>
白木 宏治(CRAワークサポートセンター施設長)
1979年9月生まれ、39歳、山口県出身、花園大学出身。
福祉業界で13年間さまざまな業務に携わり
現在はクリエイター育成協会が運営するCRAワークサポートセンターの施設長として
障害者の就労支援を行っている。

<開催日時>
第8回:2019年1月25日(金)10:00〜11:30


<開催場所>
コワーキングスペースcoto
〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町607-10 
サンプレ京都ビル4F (NPO法人 クリエイター育成協会内)
https://www.coto-kyoto.jp/
https://www.facebook.com/cotoworking/

(最寄り駅)
JR京都駅中央改札口から徒歩8分
京都市営地下鉄京都駅から徒歩5分
京都市バス205系統『七条西洞院』から徒歩3分

<定員>10名(事前申し込み制)

<参加費>無料


2019.1

『NEWS』に1月の障害者雇用セミナーのお知らせを追加しました!

2018.12.11

年末年始休業のお知らせを追加しました。

2018.10.01

トップページに当センターのPR動画を追加しました!

2018.10.01

メニューに「職員ブログ」を追加しました!

2018.07.06

トップページに「NEWS」コーナーを設けました!




あなたを変える”きっかけ”に! (水, 16 1月 2019)
  こんにちは! CRAワークサポートセンターの清川です。   新しい年を迎え、本日もCRAワークサポートセンターは 元気に開所しています。   本日は「挨拶の大切さ」について 書かせていた ...
>> 続きを読む

ありがとうございます! (Tue, 15 Jan 2019)
こんにちは。 CRAワークサポートセンターの小林です。 インフルエンザがとても流行っているそうですね。 栄養をとること、睡眠をしっかりととることも大事ですが、 基本的な予防の手洗いとうがいを行うこともとても大切です。 体 ...
>> 続きを読む

観光ハンドブックの活動を通じて (Thu, 10 Jan 2019)
こんにちわ、CRAワークサポートセンター職員の中島です。 センターの動画再生数がじわじわ上がってきてます。 まだご覧になっていない方はどうぞ 出演はセンターに通所するメンバーさんと職員です   当センターでは、 ...
>> 続きを読む